酒全種類

now browsing by category

 

JOHNSON 12years

厳選スコットランドモルトのみを使用しブレンドした12年物。

近年ヨーロッパやアメリカ市場、または日本国内で人気を博しているウイスキーのジャンルに「ブレンデッドモルトウイスキー」があります。
大麦麦芽を原料としたモルト原酒とトウモロコシ等を原料としたグレーン原酒をブレンドしたものが「ブレンデッドウイスキー」。

一つの蒸留所で作られたモルト原酒のみを使用したものが「シングルモルトウイスキー」といいますが、「ブレンデッドモルトウイスキー」は、
複数の蒸留所のモルト原酒のみをブレンダーの手によってブレンドされ造られます。
『 飲む人を選ぶほど個性的なウイスキー 』とも表現されるシングルモルトウイスキーを匠の技を駆使してブレンドすることにより、
「ブレンデッドモルトウイスキー」 は、『 万人受けするモルトだけのウイスキー 』 へと変貌を遂げます。

ヨーロッパ市場で販売されている「Johnson12 年」は、実はロシアで人気のあるウイスキーとしてウイスキー愛好家から高い評価を得ています。
今回ついに日本版に一新し 日本上陸。独占輸入でのお届けとなります。

マスターブレンダーによる厳選されたスコットランド産モルトを匠の技術と経験をもとにブレンド 。
キーモルトや使用モルトが明らかにされていないため、その味わいからモルト原酒を探すのも一興です。
甘みのある香りや柔らかめなピート等、ヒントになりそうな味わいがきっとみつかるはずです。

まずはストレートで複雑且つバランスの取れた味わいを。またはロックで冷やしゆっくり加水されることで花開く味わいを。
世界で愛されるブレンデッドモルトスコッチウイスキーをお楽しみください。

HUNTING LODGE 12years

かつてビクトリア女王はスコットランドの高地でバルモラル城を購入したとき、他の多くの人がこの地域で最高品質の釣場と狩猟場を利用できるようにと狩猟小屋 Hunting Lodge を建てました。
このウイスキー Hunting Lodge は、スコットランドの伝統と誇りの憩いの場を喚起させるよう名付けられました。

ヨーロッパ市場で販売されている Hunting Lodge は、欧米のウイスキー愛好家から高い評価を得ていて、現在世界 60 か国で販売させるウイスキーへと成長を続けています。

マスターブレンダーによる厳選されたモルトをスコットランドの伝統的な方法に従ってブレンドされて います。
主にハイランド産のモルトを多く含んでいるため、心地よい芳香が より複雑さを増し味わいの深みをもたらしています。

オーク樽によって熟成された Hunting Lodge  12年 は、オークの甘いバニラ香と、ピート香と わずかなスモーキーさを感じる飲み口で、飲み飽きない味わいです。
まずはストレートで。またはロックで。世界で愛されるブレンデッドスコッチウイスキーをお楽しみください。

CONSUL OF SCOTLAND

1970年頃 、 ヨーロッパ市場にて愛されたウイスキー 。 当時の名は 「 Consul 」 といいました 。
ウイスキーの雄・ スコットランド産のモルトを使用したそのウイスキーは 、 ノンヴィンテージスコッチウイスキーとしては珍しい甘美な香りと心地よい甘みのあるウイスキーとして人気を博し 、 ヨーロッパ市場をはじめとして世界各国で流通しました 。
約半世紀を経て。 ラベルデザインや味わい 、 名前を変えつつもブレンダーのこだわりによって高い水準を保ち続けたそのウイスキーは 、 今はなんと南米エクアドルで人気のウイスキーとして市場を移しています 。
スコットランド産モルトを使用し続けた原点に立ち返り、 名を 「 Consul of Scotland 」 と改めての日本輸入となります 。熟練のブレンダーが厳選しブレンドした「 Consul of Scotland 」 は 、 アイリッシュウイスキーやカナディアンウイスキーを思わせるような甘美な香りが際立つ逸品 。
ロックやストレートでその味わいをしっかり楽しむもよし、 加水して滑らかさを堪能するもよし 、 ハイボールでさわやかな甘みを味わうもよし 。 幅広い飲み方で楽しめます 。

 

 

 

RED LION

かつて1980 年台初頭 、 ヨーロッパ市場を駆け抜けたウイスキーがありました 。 その名は Red Lion 。少量生産ゆえに極々少量輸入されたRed Lion は 、 知る人ぞ知る幻のウイスキーとして密かに愛されあっという間に日本市場から姿を消しました。 そのウイスキーの中で 、 機会に恵まれず開栓されなかったものは 、 飲み手から飲み手に渡り 、 現在では希少過ぎるプレミアオールドボトルとして販売されているとか 。それから40 年 。 ラベルデザインを変えつつもブレンダーのこだわりによって高い水準を保ち続けたそのウイスキーは 、 現在もヨーロッパ市場で愛され多くのウイスキーラヴァーの喉を潤しています 。今回ついに日本上陸が実現。 スコットランドの数多の蒸留所から選りすぐったウイスキーを、 熟練のブレンダーが厳選しブレンドしたRed Lion は 、 心地よい樽香とドライでシャープな飲み口が身上 。グラスに氷を入れ軽くかき混ぜグラスを冷やし、 Red Lion 1 炭酸水 2 の割合で注いだRedLion ハイボールがおすすめな飲み方です 。 ぜひお楽しみください 。

 

PORTER’S GIN

12種類のボタニカルを使用

伝統を尊重しつつ革新を行うという哲学のもとスコットランド・アバディーンにある

バーの地下室で生まれたポーターズジン

伝統的なジュニパーを基本としつつ、2つの異なる蒸留法を用い

独自の軽く爽やかなフレーバーを引き出したプレミアムジン

 

 

<創設メンバー Ben・Josh・Alex>

 

2010 ヴィンテージになりました

IMPERIO 2010
インペリオ 2010

ナバーロ・ロペスは、スペイン中部の南にあるカスティージャ・ラ・マンチャ州の著名なワイン生産地のバルデペーニャスに位置します。
その起源は、1904年までさかのぼり、現在のオーナーであるDoroteo Navarro Donadoによってワイナリーの規模は拡大され、現在ではリオハ、リベラ・デル・ルエロ、ルエダの3地域にもワイナリーを所有しています。
家族経営の精神を忘れずに高品質のワインを造り続け、世界60カ国以上に輸出しているスペインを代表するワイナリーのひとつです。

Read More…

Bouzeron Les Trois 2016

ブーズロン レ・トロワ 2016

 

9月上旬発売予定

 

タストヴァン騎士会がその栄光と品質の信頼性を保証した「タストヴィナージュ」

 

タストヴィナージュワインとは、1934年にブルゴーニュワインの価値向上を主旨として設立された
「タストヴァン騎士会」によりその栄光と品質の信頼性を保証されたワインのことを言います。
タストヴァン騎士会は1950年に「タストヴィナージュ(ワインの利き酒会)」を設立し、
毎年2回250人以上の老練なワイン鑑定人を招集し、ブラインドの試飲テストを行い、
その名称と特性を備えていると認められたワインにのみ、その証としてラベルに騎士会の紋章を
付けることが許されています。

 

空気圧式圧搾機でゆっくりと丁寧に圧搾した後、18~20度で温度管理をしながら醗酵。
レモンのノート、繊細な力強さをもつ味わい。 柔らかく流れるような口あたり。
アペリティフとしても相応しい。

 

Read More…

EL BROZAL RESERVA 2008

エルブロザル レゼルバ 2008

このワインは、リオハ・アラベサ(特選原産地呼称DOCaリオハ内の、バスク自治州に属するサブゾーン)

気鋭の醸造家デビット・サンペドロが独立して立ち上げたボデガス・ビイラールで造られています。

Read More…

Chateau Lamothe Castera Bordeaux Superieur 2015

シャトー ラモッテ カステラ 2015

輝くルビー色。

赤い果実やバニラの香り。

タンニンと酸味と果実味が一体となって口の中に広がります。

時間を置くとよりふくよかな味わいに。

Read More…

Chateau Saint Seurin 2015

シャトー サン スーリン 2015

シャトーサンスーリンはジャン家所有の第二のぶどう畑です。ボルドーから80㎞の

アントル・ドゥー・メールに位置し、シャトーの起源は15世紀半ばまで遡ります。

Read More…